ウクレレ体験レッスンに行ってきた①

ウクレレ体験レッスンに行ってきた①

最初に受付で申し込み用紙を書く。
名前、連絡先に続いて、年齢も書かされて、またも50代最後を意識する。笑
まあ、先生は70歳(くらいかな?)なので、いいんだけどさ。(何が?)

レッスンでは、ウクレレの持ち方?(構え方?)を教わって、即、コードを3つ(C、F、G)を習う。
そして、『トンボのメガネ』を先生と一緒に弾く。
「はい、歌ってくださいよ♪ウクレレは歌わないと楽しくないですから。」
と言いながら、歌う先生。
私は、コードを抑えるのに必死で歌ってる余裕はないんだけど、歌う。
他人の前で歌うのは何年?いや、何十年ぶりか?
実は、人前で歌うのは苦手。
極力歌いたくない。
音痴ではないが声を出すのが恥ずかしいのだ。
なのに、高校生の時、選択科目に音楽を選んでしまって、たまたま先生が声楽の専門で、コールユーブンゲンを使って歌わされて、死ぬほど嫌だったことを思い出した。
ま、そんなことはいいけど、「歌わないと楽しくない」という先生は、特に楽しく歌うわけでもなく、ちょっと、なんだかなあというかんじ。
よくよく聞いたら、先生の専門はマンドリンだった。
昔気質の真面目な音楽家風。笑
う〜、もうちょっと、軽い感じで習いたいなあ…。

ってことで、別の教室のウクレレ体験レッスンに予約してきた。
なので、今日のタイトルには「①」がついているのだ。
今度は、楽しい先生だといいなあ。

そうそう、今回の予約の教室では体験レッスン申し込み用紙の年齢の欄にはカッコして「お子様のみ」って但書があったので、年齢を書かずに済んだよ。笑