ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

週に1回のピアノ教室では追いつかないことに気がついた(2019/11/15 練習記録)

私が通うことになったピアノ教室は、何曜日の何時からレッスンというふうには決まっておらず、レッスンに来た日に次のレッスンの予約を取るという方式。

お試しレッスンの帰り際、それを知った私は気張って1週間後の予約をお願いした。

が、ちょっと失敗したかな?

だって、全くもって、練習が進まないのだもの。

出来ないなりに先生の前で披露すれば良いし、変なクセがつかないうちに見てもらった方が良い気もする。

だがしかし、ある程度はね?弾けないとだよね?

あと4日。でも、仕事でおそらく土日は練習できないから、実質2日じゃん。

うへー。

 

【2019/11/15 練習記録】

いつも通りハノン1〜5番をひと通り。

6番を4回。

課題① ハノン 39番 ハ長調

ひたすら左手のみ繰り返す。

その後右手も合わせてみる。

昨日よりはほんのちょっぴりマシ。

課題② ショパンワルツ集 第3番

16小節

片手づつ練習

片手だと弾けても、両手にすると、指使いが違ったり。ボロボロ。

課題③ エリーゼのために 仕上げ

相変わらず、指使いが油断をすると自己流になる。

スラーの終わりの音を優しく弾けない。

 

そして時間もないのにバッハのインヴェンション第1番をお遊びで練習。

好きなメロディで楽しくなる!

 

© 2019 sobako