ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

「おばさん、進化する」の巻

今日は仕事でなんだか理不尽な目に遭って、ピアノの練習をする気分でもなかったんだけど、いや、こういう時こそピアノに向かおう!とトムソン椅子に座った。

よし!まず、ショパンを思いっきり弾いてやる〜〜とやってみるものの、暗譜が飛んであえなく撃沈。

ダメダメ、もっと丁寧な気持ちで弾かなくては。

心を入れ替えて、曲も入れ替えて(笑)、シューマン子供の情景『見知らぬ国と人々について』を弾く。

あらら?今日は調子がいいぞ、もしかして?

わーい!ノーミスじゃん!

いつだって、どの曲だって、どこかしらでミスっていたのに!

なんてことでしょ!

私の辞書にはノーミスの文字は無いと思っていたよ。

この春の発表会曲は暗譜することまでできて、暗譜は自分には無理だと思っていたのを覆せたし、出来ないことができるようなるのは、本当にうれしい。

いやあ、限りなく60に近い50代、まだまだ進化してるよ〜♪

 

 

 

▼ランキングに参加しています。▼
ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

 

© 2019 sobako