ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

まさに『Beautiful Time』だった!

清塚信也コンサートツアー2021『Beautiful Time』に行ってきた。

月並みな表現で申し訳ないけど、とても素敵な時間だった。

サントリーホールの響きはとても素晴らしく、ピアニッシモもフォルテッシモも美しかったなあ!

繊細な音は繊細に、迫力の音はド迫力で響くの、すごくない?

自分も1回でいいから、ここで弾いてみたいと思ったよ。

 

清塚さんのコンサートは初めてで、テレビみたいに喋りまくるのか、それとも、クラッシックコンサートの王道(?)ピアノだけ弾きまくるのか、どっちかなあって思ってたんだけど、やっぱり、喋りまくってた。笑

パンフレットで演目を見たら、クラッシックはショパンが3曲(『華麗なる大ポロネーズOp.22』『英雄ポロネーズ』『舟歌』)で、夫と「なぜ、ショパンばかりなのかな〜、清塚さんはショパンが好きなのかね?」と開演前に話していた。ら、コンサートの中でなぜショパンを選んだのかを話してくれた。今年で清塚さんは39歳になるそうで、ショパンの享年がその39歳ということで、弾くことにしたのだそう。昨年はベートーヴェン(生誕250周年)を選んだそうで、私はベートーヴェンが聴きたかったなあとチラと思った。

中学生の時にショパンの『船歌』を弾きたいと無理を言った清塚さん、先生に最初の1音を2時間ダメ出しされたと言っていた。もちろんテクニック的には弾けたのだけど、人生経験的にまだ早いということだった。あら、私は人生経験的には合格だけど、テクニックが全くついてこない、弾きたい曲が弾けないのは、悲しい。どちらも同じねえ。(いや、全然違う・笑)

ショパンの他は、アラン・メンケンのディズニー曲、ドラマ「コウノドリ」「路」のテーマ曲など。私の知っている曲は、『英雄ポロネーズ』と『美女と野獣』だけだった…。

でも、清塚さんはよく喋るし、面白いし、ピアノを勉強中の目で見ているから、退屈せず2時間はあっという間だった。

一番思ったのは、ピアノってすごい楽器だなあってこと。本当にいろんな表現ができるのだなあってこと。特に、1台のピアノであの音量の迫力はすごい!圧倒されまくり。あれを家でやったら、即、苦情が来そう。笑

私のピアノ練習に苦情が来ないのは、ポツポツゆっくり、インヴェンション弾いているからなんだな〜って。迫力のあるピアノを弾ける日が来るかどうかわからないけど、いつかはあんな音、出してみたいよねえ。

 

さて、清塚さんのコンサートのアンコールは、録画、録音、ネットにアップOKということで、私も撮ってみたのだが、何分、iPhoneの電源をOFFにしていて立ち上がりに時間がかかり、途中から録画ということになってしまった。あまり上手く撮れていないけれど、よかったら、雰囲気だけ、どうぞ。

P.S.ネットにアップ許可の条件として、「テレビよりかっこよかった」というようなコメントを添えるようにとのことだったけど、ごめん、席が遠くてかっこよかったかどうかはわからない。笑 でも、ピアノは超素晴らしかった!


www.youtube.com

 

 

▼ランキングに参加しています。▼

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ポチッと応援よろしくお願いします♪
お好きなカテゴリーを選んでくださいね。



© 2019 sobako