ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

二人のインヴェンション

今までグレン・グールドのインヴェンションばかり聴いていたのだけど、インヴェンションを復習しようと思い立って、別のピアニストのインヴェンションも仕入れてみた。

こちら↓

クリストフ・エッシェンバッハ氏はピアノレッスンシリーズと題してバイエルからソナタまでCDをリリースしていて、その中の1枚だ。

二人のインヴェンションを聴き比べたいと、プレイリストを作ることにした。

1番から順番にエッシェンバッハとグールドを交互に並べる。

こうして聴き比べると、まるでテンポがちがったり、装飾音符も違ったりで、別な曲?って思うくらいのものもあってなかなか面白い。

エッシェンバッハのCDジャケットに「単にテクニックの模範を示すものではありません。日常の練習に使っているバイエルやツェルニーでもひとつひとつは素晴らしい音楽であることを知り、楽しく弾けるようになることを大きな目的としています。」とあるけれど、やはり少し四角四面な感じがするかなあ。

グールドの方が自由だし、歌っているし(実際にも!笑)、要所要所にめちゃくちゃ優しい音があって感動する。

エッシェンバッハの明るい音も結構好きだけどね。

Amazonで調べてみると、他にもいろいろなピアニストがインヴェンションのCDをリリースしているのね。

私のコレクション癖がムクムクと湧き上がって来そうで怖い。笑

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako