ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

近い将来の夢

木内昇さんの『化物蝋燭』を読んだ。

あの世の人とこの世の人の織りなす物語が7つ。

どれも良かったけれど、一番気に入ったのは『むらさき』かな。

とても「色」の感じられる話だった。

木内さんの書く文体が好き。

もちろん物語も好き。

とても実直で温かい。

私が、著者名だけで本を買う(単行本でも!)ことに躊躇しない三大小説家のひとりである。

他のふたりは、吉田篤弘さんと小川洋子さん。

この3人の小説は、いつも日本語を噛みしめて読む。

日本語が母国語でホント幸せ感じる瞬間なのだ!

子供の頃から本を読むのは好きだったけれど、物語の内容に焦点が行っていた。

大人になって、美しい文や言葉を楽しむということを知り、ますます本が好きになった。

毎日が日曜日になった暁には、本を読み放題、ピアノを弾き放題というのをして暮らしたい。

60歳になったらと思っていたけれど、年金がもらえるようになるまでは無理かなあ?

 

 

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako