ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

ケンプさんごめんね。

この間ブログにも書いたドラマ『今ここにある危機とぼくの高感度について』で流れるバッハのBWV645『目覚めよと呼ぶ声あり』が大好きで、課題曲ではないけれど、ちょっとずつ練習している。

家にある楽譜はケンプさんという人のアレンジ。

最初は楽譜通りに弾く努力をしていたが、んー難しい。

で、別に先生のところに持っていくわけでなし、ただの遊びだし、手っ取り早く適当に弾けるようになりたいと思い、大幅に和音はカットした。

原曲バッハ→ケンプアレンジからのsobakoアレンジ。笑

なんかさー、眉間に皺寄せてコツコツ練習するのもいいけどさ、好きな曲、好きなように弾いてもいいじゃん?

ウクレレ始めたらさ、めっちゃ端折ったコードでも弾き語りが出来ることを知って、そりゃそうかって、ピアノのクラッシックでも易しいアレンジで良いかってね、ちょっと思ったわけ。

曲にもよるけどね。

課題曲のヘンデル『調子の良い鍛冶屋』はやっぱり原曲通り弾けるようになりたいし。

そういうのは皺寄せてやればいい。(いや、シワは寄せない方がいいな)

コツコツ練習をがんばる曲と、そうでない曲があってもいいよね。

まあ、ケンプさんには悪いけど、BWV645は端折らせてもらうよ。

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako