ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

久しぶりにピアノに触れる。

久しぶりのピアノ練習。

さて、何から弾こうか。

いきなり曲に行くのも何なので、ゆっくりスケールから始めてみた。

しかも、簡単なハ長調ト長調

しかしスケール自体を発表会練習が始まってからは練習していなかったので、粒も揃わず。

それでも指ならしで何回か弾いてみる。

そして、いよいよ、発表会で弾いたショパンのワルツ第10番Op.69-2を暗譜で。

ちょっとドキドキしたけど、あれ?案外弾ける?!

へえ、覚えているモンだねえ。

まあ、所々間違えるのは以前と同じだし、1、2ヶ所ちょっと左手の和音が怪しかったけれど、それでも思ったより断然弾けた。

さすが、発表会曲、体に染みついているのかしらん?笑

あまりに想像以上で気分が良かったので、1回弾いただけだけどココで今日の練習は終わりにした。

すると夜、息子が、

「今日は久しぶりの練習だったね。やっぱり、前と比べるとちょっと上手く弾けなかったんじゃね?」

って。

「あれれ?そお?自分的にはもっと忘れちゃっているかと思ってたから、案外弾けたと思ったんだけどさ、そんなに違う?」

というと、

「うん、やっぱり前より"止まってた"気がする」

って。

ありゃ〜、やっぱり私は自分に甘いのだな。笑

ハイ、また日々精進イタシマス。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako