ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

カバンから出てきたアンドーナツ。

私はスーパーの食品レジでパートをしている。

それはもう毎日、いろ〜んな人がやって来る。

今日もこんなことがあった。

 

お会計が終わったおばあちゃん。

サッカー台で袋詰めしていた、っと思ったら、トコトコっと私のレジに戻ってきた。

もちろんレジにはお客さんの列ができていて、私は次のお客さんのお会計の途中である。

「オネエさん。これさ、」と言って4個入りのあんドーナツを見せる。

「アタシのカバンの中から出てきたんだけどさ、お会計済んでるかねえ?」

あんドーナツを見た私は、これはレジ登録した覚えがないぞ〜、と思ったけど、

「お客様、先程のレシートで確認してみましょう」と言ってレシートと照らし合わせてみる。

「ああ、お客様、こちらはまだお会計が済んでいないですねえ。」と言うと、

「そうかい、アタシのカバンの中に入っていたんだよ。おかしいねえ。じゃあ、お金払うから、いくらだい?」とおばあちゃん。

並んでお待ちのお客さんの視線を背中にビシバシ感じながら、おばあちゃんに、

「お客様、みなさんお並びになっていらっしゃるので、申し訳ないのですが後ろにお並びいただけますか?」

すると、トコトコ列に向かったので、私は「お待たせしてすみません」と中断していたレジ登録を再開。

そして、ふと横を見ると、今、レジ登録中のお客様の隣におばあちゃんが並んでいる。

え???4、5人は後ろに並んでいたはずだよお???なぜに2番目に並んでる???

「お客様、みなさん、並んでお待ちなので、一番後ろに並んでいただけますか?」と私が言うや否や、おばあちゃん、「この人が良いって言ったのよ〜」と後ろの男性を指さした。

「え?!」と思って後ろの男性を見ると同じく「え?!」という顔。

誰も文句を言わないものだから、強引に割り込むおばあちゃん。

仕方ないから、さっさと済ませようとあんドーナツをピッとスキャン。

すると、ブーっと「バーコード登録なし」の警告音が鳴った。

まじか〜。

時々、売り場で未登録の商品があったりするのだ。

しかし、よくそのあんドーナツを見てみると、なんだか見たことのない商品のような気もするけど、ん?新商品?

売り場に確認の電話をしてみる。

バーコードを読み上げると案の定、「うちでは取り扱っていないね」との返事。

うへ〜、いったいどこの商品だ?

「お客様、これはうちの店の商品ではないようです。モールのテナントの百均とか、無印とかでしょうか?」と言うと、「アタシはそんなとこには行っていない」ときた。

「でも、ここではお会計ができないので・・・」

とすったもんだしているうちに、

「ああ、ここへ来る前にローソンに行ったよ。そこで買ったんだった!」

スッキリ解決したおばあちゃん、「ありがとね」と手を振りながら帰っていった。

でも、アタシは平謝りで次のお客さんのレジをする羽目になったんだよ。

まあ、怒り出すお客さんがいなくて不幸中の幸だったけどさ。

こんな調子で、案外レジ仕事は波乱に富んでいるのだよ。

なかなか、面白いといえば面白いので、15年も続いちゃったんだわね。

 

 

 

▼ランキングに参加しています。▼

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ポチッと応援よろしくお願いします♪
お好きなカテゴリーを選んでくださいね。

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako