ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

pは弱く弾く?

YouTubeのおすすめ動画に、ピアニストの中村紘子さんの指導動画(結構古そうなヤツ・笑)が上がってきたので見てみたら、思わず、「へえ!」のボタンを押したくなることを中村さんがおっしゃっていた。

中村紘子さんと言えば、私が子供の頃から超有名で、THE ピアニスト!って感じのイメージで(どんなイメージだ?笑)、そんな雲の上のピアニストが普通の中学生を公開レッスン(TV番組かな?)するのは、これまたへえ〜って、ちょっと想像できなかった。

案の定、レッスンも、ピアノが1台だったので、「あなた、ちょっとどいて下さる?」って中学生をどかして(笑)、中村さんがお手本をバンバン弾くのが面白かった。

最初の子なんか、2、3小節弾いたところでストップがかかってしまったし。

中村さん、言葉はとても上品だけれど、言いたいことはバシバシ言って指導するあたり、さすがだわ〜って思った。

いくらシビアに言われても、中村さんのお手本ピアノを聴いたら、うわ〜!おっしゃる通りでございます!っていうね、同じピアノがこんなに違う音を奏でるのか!っていうね、納得しちゃうよね。

そんな中、二つの「へえ!」があった。

一つは、ショパンが「左手は指揮、右手は歌い手だ」と言っていたというエピソード。

今、ショパンを練習中の私にとっては、タイムリー。

左手の三拍子は指揮者ということだね。

やっぱり重要なんだなあ、左手ももっと練習しなくちゃ。

歌い手ばかりに気を取られていてはいけない。

もう一つの「へえ」は、p(ピアノ)やpp(ピアニッシモ)を弾くときは、弱く弾くわけではないということ。

ff(フォルテッシモ)を弾くよりも、手や腕の筋肉を使うのだそうだ。

中村さんが腱鞘炎になった時に、f(フォルテ)よりp(ピアノ)を弾くときの方が痛くて気がついたのだと言う。

小さい音を筋肉使って弾く、ちょっと、どうすればいいのかよくわからないけど、ただ弱く弾くわけじゃないんだね。

私の中で、pに対する意識がかなり変わったよ。

するとまた、グレン・グールドのホールに響くピアニッシモの話を思い出した。

どんなピアニッシモだったんだろうなあ。。。

 

 


ピアノとともに(講師:中村紘子):「夜想曲第5番op.15-2」と「スケルツォ第2番op.31」(ショパン)その1

 

piano.sobakosan.com

 

 

 

▼ランキングに参加しています。▼

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ポチッと応援よろしくお願いします♪
お好きなカテゴリーを選んでくださいね。

 

© 2019 sobako