ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

うれしいような、困ったような。

うちの息子(24歳)はピアノやクラッシックとは無縁の人。

普通の若者?と同じく、好きな洋楽・邦楽はダウンロードして聴いているようだけど。

それが昨日、「俺も発表会、聴きに行ってみようかなあ」という。

そう、私のピアノ教室の発表会のことである。

少し前から、「発表会は3月の土曜日だ」と知ると「土曜日なら俺も休みだなあ」とか言っていて、あれ?もしかして聴きにくる?と思ったのだけど、なにせまだまだ練習不足のショボいピアノなので、「聴きにきて!」と大きな声では言えないでいた。

なので、彼の言葉に「おいで、おいで!」と言ってはみたものの、内心、やべ〜練習しなくちゃ〜!って焦っている。

興味を持ってくれるのはめちゃくちゃうれしいけど、なにせ初めての大人発表会、何が起こるか予想もできない。

「発表会の曲は弾けるようになったの?」と彼に聞かれ、

「最後までは到達したよ。でもうまく弾けないんだよねえ。」というと、

「最後までできたならいいじゃん?練習を聞く限りでは、変じゃないよ。時々、止まってるなあって思うけど。」と笑っていた。

まあ、在宅勤務で私の毎日のショボい練習を聴いているわけだから、今更、繕うこともないのだけどね。

本番ではどれだけ普段通りできるかが問題。

そう、そこが大問題!

だから、120%の出来にしておかないとね、ってことだ。

最近、ようやく、横広がり4ページの楽譜にも慣れてきた。

いつだったか、楽譜を切り貼りすると言っていたけど、そのまま頑張ってみたのだ。笑

そうだ、ドレスもくつも着用して練習しなくちゃ、だった。

なるべく、本番に近い状況にしなくちゃだもんね。

たまには、息子に聴衆を装って前に座って聴いてもらうのもいいかも?笑

 

 

▼ランキングに参加しています。▼

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ポチッと応援よろしくお願いします♪
お好きなカテゴリーを選んでくださいね。

 

 

 

© 2019 sobako