ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

天才ってそういうものなのね。

青柳いづみこ/著『グレン・グールド 未来のピアニスト』を少しづつ読み進めている。

昨晩読んだページに、タイムリーにも暗譜のことが書いてあった。

グールドが少年時代に、発表会で暗譜が飛んでしまったことがあったそうで、その時の先生が暗譜の方法をグールドに伝授したそうだ。

「楽譜を読め」読んで理解すれば弾かなくても暗譜できるらしい。

実際に、グールドは弾いたことのない曲の楽譜を渡されて数時間後、見事にピアノを弾ききったそうだ。

凄すぎる。

私には何の参考にもならないけど。笑

天才ってそういうものなんだね。

 

今日、録りためていたTV録画の中の、カルテットをする若者のドキュメンタリーを見た。

4人ともそれぞれいろんなコンクールで賞を取ったり、外国に音楽留学しているようなすごい人たち。

その中の第一バイオリンの男性が、「子供の頃からバイオリンを弾くことに対して、困ったことがない。」すぐに思うように弾けたのだという。

はあ、やっぱり天才ってそういうものなんだね。

 

私みたいに凡人どころか、それ以下のおばさん初心者には、想像もつかないよ。

パッと見て(聞いて)、さっと弾けるわけでしょう?

羨ましいなあ。

弾きたい曲がどんどん弾けるんだよ?

 

そういえば、『未来のピアニスト』の中で、どこかの有名なピアニストが「生まれ変われるとしたら?」と質問されて、「グールドの手を持って生まれたい」と言ったらしい。

うわ〜、私も!私も!って思っちゃった。笑

 

 

▼ランキングに参加しています。▼
ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako