ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

ピアノは誰だって弾ける楽器。

押せば正しい音が鳴る。

ピアノは誰にだって弾ける楽器。

ほら、この人?だって。笑


Cat Playing piano like Beethoven: Nora

鍵盤に耳をくっつくけて、ほんと、ベートーヴェンみたいね。

そこはピアノ教室のようだから、いつも生徒さんを見ていて、自分も弾いているつもりになっているのかなあ。かわいい。

 

うちの猫は電子ピアノの鍵盤の上を歩くのみだけどさ。

鍵盤の蓋がないから、時々、スイッチまで押しちゃって音がなってる時がある。

日当たりの良い窓際なので、そこで外を眺めたり、昼寝をしたり、彼女のお気に入りの場所になっている。

と、今見たらやっぱりそこにいた。

ん?

やだー。カバーの上でゲボってる〜。泣

慌てて鍵盤に浸みてないか確かめる。

濡れてはいないようだけど・・・

音も出るか、試し弾きしてみる。

ショパンのワルツ10番。

あら?暗譜で弾けてる?

あらあら、なかなか覚えているじゃあないの!

まあ、間違えはするけれど、忘れてはいない。

これ、すごくね?

ドレミを歌いながらの練習も、まだ1ページ目から進んでいないけど、繰り返し部分でもあるから、この練習の成果は大きいのかもしれない。

とはいえ、発表会は楽譜持ち込むよ。

暗譜で挑戦する度胸はアリマセン。笑

 

 

piano.sobakosan.com

 

 

 

▼ランキングに参加しています。▼

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ポチッと応援よろしくお願いします♪
お好きなカテゴリーを選んでくださいね。

© 2019 sobako