ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

今年、出会った本。

基本、少しでも興味を持った本は買うなり、借りるなりすることにしている。

また後で、って思っていると忘れてしまうから。

一期一会的なものが本にもあると思う。

まあ、そんなことをしているから、どんどん積読も増えるばかりなのだけどね。

今年はピアノに関する本を何冊か読んだ。

『ピアニストへの基礎』(これは勉強になる)

『インヴェンション心の旅』杉浦日出男(うーん、宗教的な部分がちょっと・・・)

『ピアノがうまくなるにはワケがある』角聖子(これは良い本だった)

『楽典』佐々木邦雄(←まだ途中)

『永遠のピアノ』シュ・シャオメイ(←まだ途中。同じ時代に生きているとは思えないほど過酷な人生だ。

『「草枕」変奏曲 夏目漱石とグレングールド 』横田庄一郎(←まだ途中。夏目漱石が難しすぎて、図書館本なので返却日までに読めるかが心配。)

 

そして小説もいくつか。

『不時着する流星たち』小川洋子(短編集。グールドがモチーフになっている話も)

ねじまき鳥クロニクル村上春樹(←まだ途中だが、なんとなく初めて村上作品を読了できそうな気配がする。)

ノースライト横山秀夫(←まだ途中。ドラマに惹かれて購入。北向きの家、ノースライトの発想に興味を持ったよ。)

ガリヴァーの帽子』吉田篤弘(開いてもいない。BOOKOFFの送料対策のために買った本。でも、吉田篤弘さんの大ファンなので近いうちに読むよ。)

 

そして、今ネットで購入して到着待ちは、

『六本指のゴルトベルク』青柳いづみこ

グレン・グールド:未来のピアニスト』青柳いづみこ

この2冊はめちゃくちゃ楽しみ!

 

コーヒーとお菓子を用意して、ソファに座ってゆっくり本を読む時間が好き。

決まって、愛犬と愛猫が私の膝の上で陣取り合戦になり、二匹ともが乗っかると身動きが取れなくなってしまうのだけど。笑

 

 

▼ランキングに参加しています。▼
ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ 

 

© 2019 sobako