ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

子供の時以来の連弾(発表会)

春ごろモシュコフスキーの連弾曲を練習したので、今回は連弾曲2曲目となる『モーツァルトピアノソナタ K.381(第3楽章)』。

発表会で連弾をするのは子供の時に妹と弾いた『ラデツキー行進曲』以来。

まあ、発表会自体が大人になって初めてだけど。

発表会曲はショパンのワルツだけだと思っていたので、「連弾はいかが?」と言われて正直マジか〜、不安要素しかないよ〜と思った。

けれど、やってみようと思った理由は、出来そうだと思ったから先生も声をかけてくれたのだと思うし、「連弾は二人で音を分けるので、一人で弾くより音数が少なくなるから譜読みも思ったよりラクよ。」と先生に言われたから。

実際、楽譜を見てみると、(↓第3楽章冒頭)

f:id:sobakosan:20201222164135p:plain

確かに簡単そう。

というか、簡単なのを選んでくれたと思う。笑

モーツァルトの華やかでキラキラした感じで弾けるかは別だよ。笑

しかし、ピンクで囲ったコレ、見たことないんだけど、ただの”休み”じゃないのかな?

もう少し先には”2”ではなくて”4”のバージョンもある。

よくわかんないけど、Youtubeで見る限り、私が弾くところでは無さそう(笑)だから、次回先生に聞いてみよう。

 

しかし考えてみると、ピアノって一人でメロディから伴奏から全てやるのが普通でしょ?

重奏だとメロディのパート、ハモるパート、伴奏パートなど、それぞれの役割を別々の人が演奏するわけじゃん、ってことは、ピアノって大変過ぎじゃない?

バッハの3声4声とかだって、3人4人で分けられるところを、ピアノは一人で弾き分けるんだもんねえ。

すごいよねえ、ピアノ。

一人で完結。笑

でも連弾だと、それぞれが簡単な旋律でも二人の演奏が合わさると、すごい広がりを見せることができるから素敵だよね。

この広がりは、一人では難しいもの。

 

さあ、とにかく練習しなくちゃ。

モーツァルト、楽しく弾けるといいなあ。

 

▼ランキングに参加しています。▼
ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako