ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

初代 iPhone SEのバッテリー交換。

2016年7月から(かれこれ4年5ヶ月だ)使っているiPhoneのバッテリーが、10日くらい前からいよいよ怪しくなってきていた。

朝100%充電し、何も使わないで放置しているだけなのに、夕方には残り1%になっている!

今は、楽天miniを持ち歩いているので、とりあえず、様子を見ていたんだけどみるみる減っていくのは変わらない。

そりゃ、4年越えだもんね、寿命だよね。

ってことで、電池を交換することにした。

で、電池交換って業者に預けるわけだよね?

ロック解除して?

なんか、嫌だなあ。

というか、いろいろ大切な個人情報も入っているしさ、絶対まずい。

で、息子に相談したら、そこまで気にすることないんじゃない?みたいなことを言われた。

ええ?!そういうもの?!

どうしても嫌だとぐちぐち言ってたら、そこまで言うなら自分でやるしかないんじゃ?って呆れられた。

私も、自分でやれるものならやりたいよ。

MacBookSSDの交換だって自分でやれたから、電池くらい電池とドライバーがあればできそうだとマジで考えた。

でも、ネットで調べたら自分でやらない方が良いって書いてあったので、思い止まって、面倒だけど初期化して預けることにした。

引き継ぎたいアプリとか、写真のバックアップ(iCloud を50GB契約にしたのに、もうすでに満杯でバックアップできないと再三Appleからメッセージが出ていたので。苦笑)とかね、本当、面倒だった。

 

店に電池交換の予約を入れた途端、なんだかバッテリーの調子が良いのは”家電製品のあるある”?笑

お役御免になりそうになって、バッテリーが最後の悪あがきをしているみたい。

でも、4年の月日はもう十分働いてくれたということで、店に持って行ったのだが・・・。

「初期化されてしまうと、普段の動作確認ができないので、あとで不具合があった時に保証できませんが?」

と店員さんに言われてしまった。

しまったなあ。

初期化して、普通に使える状態にしておけばよかった。

ご丁寧にSimまで抜いて行ってしまったので、もうどうにもならず、出直すのも面倒なので、そのまま電池交換してもらった。

 

今、iPhone SE を復元中。

うまく元に戻るかなあ。

いつかまたバッテリーを交換するようなことがあった時には、今度は完璧な準備で臨めると思うよ。

いったいいつの話かわからないけどね。笑

 

<初期化覚書>

・バックアップをとる

iPhoneを探すを解除

iCloudからサインアウト

・LINE、ワンタイムパスワードアプリの引き継ぎは事前手続きが必要。

 

 

▼ランキングに参加しています。▼
ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ

 

 

© 2019 sobako