ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

牛田智大くんのワルツを聴きまくる。

ショパンのワルツ第10番をエレガントに弾きたいけれど、”小学生ピアノ”のおばさんなのでどうしたものかと考えていた。

考えている間に練習すれば?って感じだけど、やみくもに練習してもなあと思ってね。

そこで、発表会曲に決まってから仕入れた牛田智大くんの10番を聴きまくる。

初心者おばさんにはショパンをどう弾くのか?どう弾きたいか?がよくわかっていないので、お手本にすることにしたのだ。

牛田くんのワルツは、とっても軽やかで可愛らしくて素敵なのだ。

こんな感じで弾けたらなあって。

ショパンってなんかちょっと暗いイメージが私の中にあって、ちょっと、入り込めない感じがあるのだけど、牛田くんが弾く第10番はそうでもなくて、いいよね。

なので、お手本。

できればコピーしたいくらいだけど無理なので、とりあえず、雰囲気をイメージしてピアノに向かうことにした。

よし、これなら小学生を卒業して中学生くらいになれるかな?笑

 

 

 

▼ランキングに参加しています。▼
ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ

© 2019 sobako