ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

課題曲以外の遊びが遊びでなくなる理由。

現在、ピアノ教室で見てもらっている曲は、インヴェンション10番とショパンのワルツ10番、スケールとアルペジオだ。

なんだかんだと時間を取られて、毎日の練習は課題曲だけで終わってしまう。

時々、私はピアノを楽しめているのか?と思ってしまうことがある。

なかなか課題曲をさっさと弾けるようにならないのが1番の問題だろうけれど、他の曲でも遊んでみたい。

そう、他のブログでも「遊び弾き」という言葉が出るが、私にはその「遊び弾き」の時間がない、というか、遊んで弾いていたらなかなか課題曲が進まない。

だけど、今日は練習の後で『いつも何度でも』で遊んでみたよ。

音数が少ないので、楽勝か?と思いきや、適当な指使いでは微妙に指が足りなくなる。笑

ありゃ〜、「遊び弾き」まで指使いを考えなくちゃいけないのか〜。

それって、遊びなのか〜?笑

まだまだ、遊ぶ余裕のないことがよ〜くわかったよ。

初見の楽譜でサラサラ〜っと弾けるようになるのは、夢のまた夢だねえ。

あ、もっと簡単な楽譜にすればいいのか。

了解。

 

▼ランキングに参加しています。▼
ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ

 

© 2019 sobako