ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

発表会用の楽譜。

来年3月に、大人になって初めての発表会がある。

曲はショパンの『ワルツ第10番』、ただいま猛練習中?だ。

前回のレッスンの時先生に「暗譜でなくてもOK」と言われたので、ホッとしている。

当日は、譜めくりを先生にお願いするのでもいいし、4ページなら横につなげて広げてもOKならしい。

つなげるとしたら、コピー用紙のままじゃあフニャフニャだよなあ、画用紙に貼り付けるか?それともクリアファイルに入れてつなげるか?といろいろ考えていたのだけど、Amazonでこんなの見つけた。

以前買った、楽譜の上下だけ挟めるリングクリアファイルの見開き4面バージョン。

リングクリアファイルも便利だったので、こちらも一番安いのを選んでポチッとしちゃった。

送料を無料にするために、ついでにハイドンの『調子の良い鍛冶屋』の楽譜(¥1,320)も一緒に購入。

Amazonはこういう購入の仕方ができるから便利だよね。

一時期、楽天フリークだったけど、今はほとんどAmazonだもん。

 

クリアファイルが届いたら、早速練習の時から使うよ。

だって、ほんの少し何かが違うだけで違和感からうまく弾けなくなるんだもん。

練習用=本番用なのだ。

使い慣れた道具でないとね!

自分のピアノを持っていけないのは本当にイタイ。

初めて行った他人の家でお料理を作るようなものだもの。

だから、楽譜くらいは使い慣れたものをね、使おうと思ってさ。

 

♪... 今日のピアノ練習記録 ...♪

今日は夜中にデジタルピアノで練習。

ショパン ワルツ10番(45分)

問題の和音部分も、デジタルピアノだと鍵盤が軽いせいか、やはり弾きやすい。

でも、両手になるとつまずくから、もっと片手だけで練習しなくちゃ。

♪...♪...♪...♪...♪...♪...♪...♪

 

▼ランキングに参加しています。▼
ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ

 

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako