ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

文章には人となりが表れるよね。

在宅ワークは、メールだったり、掲示板みたいなところに書き込むという文章でのやりとりが99%である。

文章には人となりが表れるよね。

私が所属しているワークグループの人たちは、みんなとても真面目な人だなあという印象。

これでもか、というくらいのクッション言葉が散りばめられたやりとりである。

顔の見えないやりとりなので、それくらいしないとぶっきら棒に感じてしまうのだろうなあ。

なので、かなり気を遣って報告や申し送りなどを書いている。

私も、他のワーカーさんからすれば”マジメな人”なのかなあ?笑

いや案外バレていたりしてね、本性が。

些細な言葉の使い方で。笑

 

他人のブログを読んでいても、文章が本当にいろいろで、おもしろい。

ああ、きっと可愛らしい人なんだろうなあとか、ううっちょっとキツそう?とか。

頭キレそうだけど、融通が利かなそうとか。笑

そんなことを人の文章から想像するのもまた、楽しい。

 

今日は、小川洋子さんの『不時着する流星たち』という短編集を読み終わった。

昨年の12月、このブログに一度取り上げているので、1年かけて読み終わったことになる。

とは言っても、途中放置していて、ここ1ヶ月のうちに集中して読んだのだけどね。

小川洋子さんの文章はとてもきれいな日本語で、さらっと読んでしまうのはもったいないので、いつもゆっくり、一字一句丁寧に味わって読み進めていく。

物語も、不思議な話が多くて、まさしく小川ワールド。

今日、『不時着する流星たち』の中の最後のお話『13人きょうだい』を職場の食堂で読んだのだけど、物語に入り込んでしまって、不覚にも涙をこぼしそうになってしまった!

あぶない、あぶない。笑

 

▼ランキングに参加しています。▼
ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako