ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

印象の薄かったインヴェンション10番だけど。

『インヴェンション8番』が終了で、「次はどれがいいかなあ?」と先生。

「もう残りは同じ様だからsobakoさんの弾きたい曲でいいわよ〜」とおっしゃる。

「ちょっとさわりを弾いてみようか」と言って、2番、10番、14番など弾いてくれた。

14番は好きかなって思ったけど、なんか、難しそう〜と思っていたら、

「譜読みは10番が楽かもね〜」と先生。

「じゃ、楽なやつでお願いします」と即答した後に、

「私は苦手だけど」と付け足された。驚!

ええ〜っ?!先生が苦手なんて!私に弾けるのか???

 

家に帰って即、グールドの『インヴェンション10番』を聴いてみる。

う〜〜〜早すぎる・・・。

しかも、なんか、わけのわかんない曲のような・・・。

早すぎるからかなあと、YouTubeでもいくつか聴いてみるものの、メロディがすんなり頭に入ってこない。

ヤバイんじゃ?

 

それでも、決めたのだから仕方ない。

今日は指番号を決める作業に入った。

あーでもない、こーでもないと指番号を考え、トリル(久しぶりだ!)も弾き方を確認して、音符をそれぞれ書き足す。

トリルは書いておかないと、あれ?何個音符を弾くんだっけ?とか、始まりは上の音から?それとも元の音から?とかわけわかんなくなっちゃう。

8分の9拍子ってのも、初めてで最初はしっくりこなかったんだけど、なんか、指番号決めているうちに少し慣れて来たぞ。

それに、曲自体も、なんか可愛らしい曲だわ〜と思える様になって来た!

よかった〜!

 

そしてね、グールドの演奏を聴きながら、楽譜を追ってみた。

もう、めちゃくちゃ早いんで、必死に追わないと置いて行かれるのよ〜。笑

で、最後のフレーズがとてもおしゃれなリズムになってた。(私の楽譜と違うの)

例えていうと、AirPodsの電池切れを知らせる音のリズムに似ている!笑

でもおしゃれで気に入った!私もそうやって弾きたい!

が、楽譜と違うんで、先生に違うわよって言われちゃうかな。

 


Glenn Gould-Bach Invention 10 in G Major

 

▼ランキングに参加しています。▼
ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako