ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

おい!コラ!楽譜をよく見ろ!

シューマンの『子供の情景・見知らぬ国と人々について』を、いつでも何処でも弾ける曲にしようと毎日1回は弾くようにしていたのだけど、アルフレッド ・コルトー氏の演奏を聴いてから、俄然、練習に熱が入っている。

この曲は、コロナでレッスン休止中に独学練習したものを、レッスン再開してから先生にサラッと見ていただいただけなので、あまり細かい指導は受けていない。

で、今回改めてコルトー氏の『見知らぬ国と人々について』を聴いていて感じたのは、すごくきれいな左手から右手への3連符。

f:id:sobakosan:20201107213415p:plain

今日はもうその3連符だけ取り出して、ひたすら練習した。

自分でも呆れるけど、3連符の記号が今まで全く目に入っていなかった。

いい加減だよなあ。

無神経過ぎるね。

もっと、音を鳴らす前に、楽譜を見ようよ!と自分に憤ったよ。

楽譜通りに弾くことすら穴だらけなのに、素敵に弾くのは先のまた先。

今日は、かなり反省したよ。

マジで。

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako