ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

高橋悠治さんの弾くバッハ。

昨日書いたピアニスト高橋望さんの動画をYouTubeで検索していたら、あるおじいさんの動画を見つけた。

へえ、こんなおじいさんがピアノを弾くんだ?と思って再生ボタンを押してみたんだけど、そのおじいさんの弾くバッハに思いっきり引き込まれてしまった!


高橋悠治 バッハを弾いて現代音楽を語る

白髪頭のただのおじいさんかと思いきや、坂本龍一氏も一目置く、作曲家だった!失礼!

なんだろう、とても味のある?バッハで、うまく説明できないけど、いいなあって。

そしたら、私のよく見ている指揮者の平林さんのYouTube動画で、高橋悠治さんをとても尊敬しているという話が出て来て、彼のバッハの奏法がとてもいいということだった。

平林さん曰く、バッハの時代の奏法は音楽=言葉を喋るように演奏する、決して均等な演奏ではないのだ。

その点で、高橋悠治さんの演奏はいいらしい。

↓9分30秒あたりから、古楽奏法について語られている


バッハの演奏法 決定版 平均律 パルティータ オンラインピアノレッスン

平均律プレリュードも均等にサラサラ弾かなきゃダメだと思っていたから、へえ〜そうなんだ〜と。

今日はもう遅いので、明日早速やってみよう!って思ったよ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako