ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

暴走してみる。

元来、のんびりマイペースな性格である。

「急いで」とか「〇〇分でこれをやって」とか言われることにはとてもストレスを感じる。

性格が作られるのは、親からもらったDNAもあるだろうし、育った環境にもよるだろう。

うちの家族は皆のんびりマイペース。笑

のんびりな人たちの中にいると、時間の流れが遅い。

そして、それに気づかない。笑

「あら、もうこんな時間!」てなことはよくある。

しかし、一歩外に踏み出ると、自分とはペースの違う人がいっぱいいる。

同じ作業をしていても、あっという間に終わってしまう人を目の当たりにして、あら自分ってのんびりなのねって気がついた。

 

そして、ピアノもそう。

毎回大抵先生に言われるのは、「スピードアップ!」「このくらいのテンポ(先生が弾いて見せる)で弾けると良いのだけど。ちょっと弾いてみて。」

今まで、「技術的なこと」だと思っていたんだけど、最近、あれ?これって私の性格?と考え直した。

先生に、「テンポアップ!」と言われてそういう練習をしたか?

していないな。←だめじゃん。

自然と早く弾けるようになるのかなあなんてスタンスだったので、いつまで経っても早く弾けるわけがない。

それで、ここ2、3日、『インヴェンション8番』のテンポアップ練習をしている。

間違えてもいいから早く弾く。

ちょっと無理じゃね?っていうテンポで弾き出して突っ走る。

右手が間違えても左手が突っ走っていて、それに右手が合わせるみたいな現象も起こったりする。

なるべく間違えても止まらないように意識して。

すると、案外、早く弾いても、ゆっくり弾いても、変わらないというか、どうせ間違えるし。笑

でもね、早く弾く練習していて、時々ゆっくりにテンポを落とすと、かなり楽に弾ける感じがするんだよ。

例えると高速道路で100km/hで走った後、高速道路を降りて一般道を60km /hで走る感じに似ている。

60km/hが超遅く感じるよね、そんな感覚。

ちょっとこの緩急をつけた練習にハマっている今日この頃なのだ。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako