ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

例外もある。

昨日、私は小さいものが好きだと書いた。

まあ、大概はそうなのだけれど、もちろん例外もある。

それは犬。

小さな犬もかわいいのだけれど、大きい方が好き。

シェパードとかとてもあこがれているのだけれど、大型犬を飼うのはそれなりの環境と心構えが必要なので、なかなか迎え入れるところまで行けない。

 

うちで飼っているのは体重20kgの中型犬。

ボーダーコリーと柴犬系の雑種。6歳、雌。

中型犬とはいえ、なかなか存在感がある。

おしっこも大量だし、うんこもでかい。笑

散歩に行って、小指ほどの犬のうんこが放置されているのを見つけると、「ちっちぇ~~、こんなちっちゃいのをどうして拾わないのかね~」と夫と憤る。

しかし逆に考えれば、ちっちゃいからまあいいやって思っちゃうのかな??

確かに、うちの犬のうんこを放置する勇気はないよ。でかすぎて。笑

まあ、なんにせよ、でかいということはお世話もそれなりに大変だし、お金もかかる。

20kgの体重は毎月飲むフィラリア予防の薬の大きさのボーダーラインで、21kg以上は1ランク大きい錠剤になっちゃって金額も1000円くらい高くなる。

なので、動物病院に行く前はダイエットに気を使う。笑

ごはんだって、ひと月ちょっとで8kg(8000円也)のドッグフード大袋ペロリだからねえ。

そんなこんなだけど、それ以上に家族としての存在感が大きいからねえ。

言葉もわかるし、空気も読む。

頭が良くてかわいいヤツなのだ。 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako