ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

Road To ベートーベン !

NHKの『ららら♪クラシック Road to ベートーベン 楽聖の魂 ピアノ・ソナタ』に、ピアニストの仲道郁代さんが出演し、ベートーヴェンについていろいろお話しされていた。

今まさに、私はピアノ・ソナタ8番『悲愴』第2楽章を練習中なので、とても興味深く見ることができた。

ベートーヴェン の音楽は哲学だって言われているんだね。

楽譜に記された音符のモチーフを論理的に読み取って、そこから感情を想像するなんて、音楽ってもっと、感覚的なものなのかと思っていたので、驚いた。

そして、ベートーヴェン にますます魅力を感じて、もっと知りたくなった。

ピアノの練習もしたいけど、”音楽の勉強”もしてみたい。

どんな分野もそうだけど、深く掘り下げて行くのって面白いもんね。

大人になってから、ピアノだの、勉強だのってやる気が湧いてくるのってなんだろうね。

老い先短くなって、ああ、何かやらなきゃ!とか本能的に焦っているのかな?笑

 

そうそう、仲道さんが話していたピアノのペダルのこと。

『月光 第1楽章』の冒頭でベートーヴェン の楽譜には「ペダルは踏みっぱなしでね!」って書いてあるけれど、それは当時のピアノ(今とは違って響きが短い)だからであって、現代のピアノでそれをやると音が濁りまくりになる。

それで、ペダルの微妙な操作が必要になる。

ダンパーが弦に触れるか触れないかみたいなところを狙ったり、でもそれは、ピアノ自体やホールの状態などで千差万別となり、一律にこれくらい!っていうことにはならないらしい。

音を聴いて即時に足で操作する!!すごい!

私なんて、「踏む!」「踏まない!」の操作でさえ、他に気を取られると踏まないところで踏み、踏むべきところで忘れる、といった事態になるんだもん。

もう、問題外だわ。ガッカリ。

でもでも、がんばって練習すれば、いつか手足が思い通りに自由に動かせるようになって、ベートーヴェンのピアノ・ソナタを弾きこなすことができるようになるかもしれない!

私の"Road to ベートーベン"は、始まったばかりだもんね!

 

 仲道郁代さんの素敵な『月光 第1楽章』聴き惚れる〜!


仲道郁代 / ピアノ・ソナタ 第14番 月光 第1楽章

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako