ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

どうしてショパンに興味がなかったのか。

前にも書いたと思うのだけど、私が持っているショパンのCDは、『ショパンの名曲10選』的なもので、ピアニストの名前も記されていないようなCDだ。

昨日、目覚まし音にそのCDの『ショパンのワルツ第10番』をかけてみた。

なんだか、つまらないショパンだった。

弾けない私が言うのもなんだけど、もう少し、雰囲気だして弾くものじゃないの?って。

機械が音をだしているみたいに、正確にリズムをきざんでいく。

ゆらぎ?みたいなものは全くない。

音の強弱だってあまりない。

実は、この前練習した『第3番』もこのCDに収められていて、練習に入るまでその曲を聴いた記憶がなかったの、それくらい印象に残らないピアノだった。

”上手なピアノ”と”良いピアノ”は違うのだなあと実感。

そして、どこのだれが弾いたのかわからないCDしか持っていないから、ショパンの曲にあまり興味がなかったのかもしれない、と気が付いた。

そういえば、去年だったっけ、アニメ『ピアノの森』を見たときに、『エチュードOp.10-1』ってなんてすてきなの!って一発で虜になってしまったのだった。

ショパンが好みではないということではないね。

すてきなショパンが好きなのだ。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako