ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

ショパンのワルツ第9番もいいなあ。

毎日の練習の最後に、インヴェンションの1、4、13番とシューマン子供の情景『見知らぬ国と人々』を2回ずつ弾くことにしている。

どれも花丸の合格ではないので、もう少し進歩させたいと思って。

『見知らぬ国と人々』はレパートリーにしたいしね。

13番は落ち込むくらいうまく弾けなかったけど、徐々に(ホントに徐々に)まともになってきた感を感じられてちょっとうれしい。(まちがえるけどね。)

どれもノーミスで弾けるようにがんばろうと思う。

 

インヴェンション8番は片手ずつならそれほど苦労なく弾ける。

まだ指使いが覚えられていないので、徹底しなければ!

今日は最初の数小節、両手でゆっくりトライしてみた。

うっ。。。

案外難しい。。。

これは、超スーパースローでやっていかないと崩壊しそうだよ。

慎重に慎重に。

でも、やっぱり、バッハって難しいんだね。

片手で弾けるのに、両手になった途端、頭の中がこんがらがるんだもん。

右手で円、左手で三角を描くみたいな感じ。笑

釣られてしまったり、止まってしまったり。笑

 

そんなレベルの私だけど、発表会の曲にショパンのワルツ第9番もいいなあなんて思っている。(まあ、無理だけど)

暗い感じの曲が多いような気がするショパン(失礼)の中でも、ワルツ第9番はちょっぴり明るい感じもするので。(『告別』なのにね)

「易しい曲で」と言っていたはずなのに、これは完全に挑戦曲。笑

半年あるけど、仕上がらない可能性が大だわね。


Chopin Waltz L'adieu Opus 69 No. 1 in A flat Major by Tzvi Erez, HQ

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako