ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

可愛らしい、でも、素敵な曲に出会った。

発表会の曲、どんなのが良いかなあと思って隙間時間にネットで探している。

ピアノの先生のブログとかで、『レベル別おすすめ曲』みたいなのを挙げていらっしゃるのはとても参考になる。

レベルが合っているかは大問題。笑

そんな中で、またまたお気に入りにランクインする曲に出会えた。

それは、こちら。


Wolfgang Amadeus MOZART: Minuet and Trio in G, K1

 

モーツァルトのK1e、K1f 『メヌエット とトリオ』

 

初めて聴いた時から、あら、なんて可愛くて素敵なの!って思った。

でね、お決まりのコースで楽譜も欲しくなっちゃって探しているうちに、びっくりした。

なんとこの曲、モーツァルトが8歳の時に作曲したというじゃあないの!

8歳って、うちの息子で言えば、ポケモンカードとかに明け暮れていた頃だ。

そんなお子ちゃまが作った曲!

さすが、天才は違うってことか。

音の数も少なくて易しそうだけど、それゆえに、どう弾くかで印象は変わるのかもしれないね。

可愛らしく、美しく、素敵に弾けたら良いなあって憧れる。

楽譜も買ったしね、練習してみるよ。

 

 

 

 

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako