ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

ピアノレッスン 14回目。指令が伝わらない!

ベートーヴェンの『悲愴』に関して言えば、前回より進歩が見られないばかりか(インヴェンションばかりに注意が行き過ぎて)後退気味の最悪の状態でレッスンに臨んだ。

めちゃくちゃ先生のところに行くのは気が引けた。笑

①スケール ト長調

いつものことながら、テンポアップしよう!

アルペジオ ハ長調イ短調

白鍵のみで弾く方が難しいので、ハ長調イ短調をしっかり練習しよう。

左手の方がイイ感じに弾けるのは、おそらく、左手は和音を使った伴奏パートが多く右手と比べると指の広がりが良いかららしい。

③インヴェンション13番

f:id:sobakosan:20200831142524p:plain

「ハイ!ここは徐々に小さく〜、ハイ!徐々に大きく〜、ハイ!ここもだんだん大きくして〜」

「ハイ!この音は強めにね〜。ソ〜ミドミ、ファ♯〜レミレ、ミ〜ドラド。。。」

わかります。

そう弾きたいです。

でも、指に指令が伝わらないんですっ!

片手ずつなら少しはイケるんだけど、両手になるといつもの通り、あっちを立てれば、こちらが立たず状態。

もっともっとサラサラ〜っと弾けるようにならないと、強弱つけたりにまで気が回らない。

ピアノソナタ8番『悲愴』第2楽章

先々週もやった16小節目までは、もっとゆっくり確実に音をよく聴きながらやること。

音も1音間違えて覚えていたところもあり。泣

f:id:sobakosan:20200831145354p:plain

次回の課題となる部分の装飾音の弾き方を教えてもらう。

このクネクネしたやつ(水色の部分)は「ターン」と言うのだね。

24小節目はまずは上の和音(赤丸)と下の音(緑部分)を分解して練習しよう。その方が覚えやすい。(27小節目も同じ)

 

次回の課題♪

①スケール ニ長調

アルペジオは同じくハ長調イ短調

③インヴェンション13番

最後までさらってみよう。

ピアノソナタ8番『悲愴』第2楽章

28小節目までさらってみよう。

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako