ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

ピアノレッスン13回目。まずは、訓練。

今回は、自分では練習したつもりなのに、なかなか思うように成果の上がらない二週間で、ナーバスな気分で向かうレッスンだった。

曲のレベルが自分に合っていないのか?

いや、そうではないな。

もっと練習に時間をかけなければいけないのだ、と思う。

先生は、「簡単な曲をやっていくのもイイけれど、少し難しめの曲に挑戦することも大事」と言っていた。

弾けるようになりたいなら、練習あるのみ。そりゃ、そうだ。

 

①音階 ハ長調 ト長調

ハ長調は合格。

 

アルペジオ ハ長調

完全練習不足。

まだまだ。

黒鍵を使わなくて、指使いも同じなので、まずはハ長調イ短調から次回。

③インヴェンション13番 半分まで。

これも、フレーズ感を大切に、右手と左手のバランスに気をつけて。

ピアノソナタ8番 第2楽章/ベートーヴェン 

16小節目まで。

私の弾くのを聴いて、先生曰く、「全部同じ音で平坦になっている」「メロディが聞こえてこない」。

それには、メロディと伴奏とに分けて練習すること。

その時、指使いは全部弾く時と同じ指使いで弾くこと。

そうだった!

この練習方法はシューマンの『子供の情景』の時にもやったじゃないか。

ダメだね、すっかり忘れていたよ。

スーパースロー練習もいいけど、各パートに分けての練習をしなくちゃね。

 

次回の課題♪

①音階 イ短調

アルペジオ ハ長調 イ短調

③インヴェンション13番 

ピアノソナタ8番 第2楽章 28小節目まで

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako