ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

ピアノ練習とお隣さん

目覚ましアラームにベートーヴェンピアノソナタ8番『悲愴』第2楽章を鳴らしている。

今日は休みなので、3回も繰り返されるグールドの演奏を聴いた。

第2楽章は“悲愴”感は無く、美しくて優しいメロディにウットリ。

こんな風に弾けるようになりたいと夢だけは広がるものの、実際の練習は遅々として進まない。

インヴェンション13番と共に、あまりにも周囲にお聞かせ出来ないので、もっぱら電子ピアノで練習中。

細切れ小節のスーパースロー反復練習にちょっとお疲れ気味だ。

時折、通して弾ける(多少ね)曲を挟んで弾いて脳みその休憩。

そうなのだ。

ベートーヴェンは今のところ素直だけれど、バッハは脳みそが疲れる気がする。

 

昨日、お隣さんと回覧板を回しついでに立ち話となった時、

「ピアノの音が聞こえるけれど、奥さんが弾いてるの?」

って、おお〜!いよいよ来ましたか〜?やっぱり聞こえてるよね〜(当たり前)。

「恥ずかしながら、大人再開組です。うるさくてすみません。」と言うと、

「そんなことないわよ〜、ピアノの音が大好きだから。聞こえてこないとあれ?今日は聞こえないって残念なのよ。楽しみにしてるわ。」って言って下さった。

まあ、これを100%素直に受けとって良いものかどうかはわからないので、今まで通り、昼間の練習のみ粛々とやることに変わりはないけれど、苦情でなくてホッとした。

しかしこのところ、電子ピアノ練習に明け暮れているから、隣の奥さんも「聞こえないなあ」って思っているかしら。

サボっていませんよ〜。

もう少し聞くに耐え得る練習に突入したらグランドでね、弾かせて下さい〜って感じ。笑

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako