ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

HANONの音階が!

NHKの『ららら♪クラッシック』はお気に入りの番組で、毎週録画して見ている。

www.nhk.jp

先週は再放送の「“ハノン”嫌いじゃないぜ! 〜宮川彬良が語る“超有名ピアノ教則本”〜」だった。

最近、HANONをサボっているのだが、これを見て、ああ、やらなくちゃなあって反省。

 

それとね、これを見て今回驚いたことがある。

それは、宮川彬良さんが弾いた音階を聞いた時のこと。

私は以前ブログに、「音階をメトロノームに合わせて弾けない」という話を書いた。

「ドレミファソラシド・・・」の音階を、1拍4音として聞けないのだ。

ところが宮川さんの音階を聞いた時、何も考えず聞いていたにもかかわらず、

「ドレミファ」「ソラシド」「レミファソ」「ラシドレ」・・・って聞こえたのよ!

「ドレミファソラシド」に聞こえなかった!

あれ?っと思った。

なんで?

めちゃくちゃ不思議。

宮川さんがそういう風に拍をとって弾いているから?

というか、正確に拍をとって弾くことができればそういう風に聞こえるのか?

宮川さんの音階と私の音階とでは何かが違う気がする。

1拍4音ずつに聞こえた時、なんだか、「騙し絵」の中にもう一つの絵が見えた時のような、気分だった。

ほら、向かい合った二人の人の横顔のイラストが、ひとつの壺に見えた時のような。←わかるかな?笑

とにかく、爽快だった。

再度メトロノームに挑戦してみよう!っと。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako