ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

レッスンはレッスンでも。

私は2週間に1度ピアノレッスンに通っている。

最初は週に1回通おうと思っていたのだけれど、それではあまりに早すぎて準備が整わないということで、2週間のインターバルを取ることにしたのだけれど、それでも、あっという間に次のレッスン日がやってきてしまう。

準備万端整えてレッスンに臨むなど、夢のまた夢。

今回の新曲である『トロイメライ』だって、来週はレッスンの週だというのに、片手づつノタノタようやく弾いてる状態だし。

それこそ、牛歩。

 

そんな中、こんな動画を見つけた。


ラン・ラン公開レッスン動画その1

 

ピアニストのラン・ラン氏の公開レッスン。

生徒は幼き日のピアニスト牛田智大くん。

これが、すごいのよ。

まず、牛田くんが通して一曲弾くのだけれど、もう、十分素敵なわけだ。

だけど、ラン・ラン先生が「こうして弾いてみて」とお手本を弾いて見せると、うわ〜全然違う!めちゃくちゃ素敵じゃん!って感じなのよ。

ラン・ラン先生、さすがだ。

しか〜し!

牛田くんも負けてはいない!(ていうか、勝ち負けじゃないけどさ)

ラン・ラン先生のアドバイスを即、再現していく牛田くん。

みるみる素敵な演奏になっていく。

いやあ、天才ピアニスト同志のやりとりはすごいね。

ツーといえばカーって感じ?あれ?違うかな?

とにかく、レッスンってこういうことをいうのかな〜って感動しちゃった。

 

私なんて、先生がアドバイスしてくれたって、頭では理解しても、体がついていかないからね、その場で再現なんて無理だしさ。

持ち帰って家で練習するも、なかなか思うように弾けないし。

まあ、初心者おばさんはまず、ひたすら訓練せよということか。

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako