ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

このピアノ、誰が買うのかなあ?

2020年はベートーヴェンの生誕250周年。

とてもお気に入りのこの一枚。 

家事をしながら聴くときに、出番が多い。

AmazonでこのCDのレビューを読むと、本当に好き嫌いが分かれていておもしろい。

ベートーヴェンが、というより、グレン・グールドの演奏の好き嫌いというのがほとんどだけどね。

私的には、『月光』第3楽章がいくら高速でも、『熱情』の第2楽章が超絶ゆっくりでも、大好きに変わりはない。

というか、『熱情』に至っては、グールドの演奏で初めて聴いたような状況なので、カモが生まれて初めて見たものを「親」と思うのと同じで「そういうもの」と自然と受け入れられたのかもしれない。

『月光』は衝撃的だったね、ハートを鷲掴みされちゃったよ。

これを聴いたら、他の人の『月光』第3楽章なんて、だるくて仕方ない。笑

でも、グールド自身は、この3つのソナタが嫌いだとか言っていたらしいけど、本当のところはどうなのかな?

 

ベートーヴェンの生誕250周年を記念して、ベーゼンドルファーからグランドピアノが発売されていたのね。

www.boesendorfer.com

めちゃくちゃ素敵。

ベートーヴェンの肖像が真珠貝で描かれていたり、ピアノの天板に『月光』の自筆譜がシルクスクリーンで印刷されているんだって。

15台限定で2000万〜2300万円!

一体どういう人が買うのかしら?

実物、見てみたいなあ、そして弾いてみたいなあ。

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako