ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

ハイドンのピアノソナタ50番の楽譜を見てみる。

ハイドンピアノソナタ50番の楽譜が届いた!何日か前だけどね・笑

ハイドンのピアノソナタ50番の楽譜。ヘンレ版。

早速、オープンペダルの部分を探してみる。

あったあった、2箇所あったよ。

ハイドンのオープンペダル

第1楽章の73小節目〜と120小節目〜。

小説の数、数えなくても楽譜に書いてあるんだね。便利。

そして、グールドの演奏を聴きながら楽譜を追ってみた。

うん、やっぱりペダルは踏んでいないよ。

 

それからね、なんだかこの楽譜、見たことないモノがいくつかあるんだよ。

例えばこれ↓(第2楽章)

スタッカートなの?スラーなの?

五線譜の上下にまた五線譜があるってどう言うこと?

弾き方のバリエーション??

それに、スタッカートなのにスラーも書いてあるのよ〜?

どうすりゃ良いの〜???

ナチュラルの記号がカッコで括ってあったりするし。(意味不明)

40小節目の細かい音階?は、まさかの半拍で?

グールドは軽やかにタララララン♪って弾いていたよ、素敵♪

 

ってことで、第2楽章は曲者な感じがするよ。

第1楽章と第3楽章は、まだ素直な顔しているけどね。

ま、S級だからね〜。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako