ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

丁寧に集中して弾く方法。

今日は仕事から帰ってから、自治会の広報を同じ班の家に配りに行ったりしていたので(班長なのだ)、練習の時間が取れなかった。

でも、来週は久しぶりのピアノレッスンに行くので、全く練習ナシはまずい。

なので、各曲を1回だけ弾こうと決めてピアノの前に座った。

・HANON 音階ハ長調から

・モシュコフスキー のスペイン舞曲第3番

・インヴェンション1番、4番

シューマン子供の情景』見知らぬ国と人々

平均律1番プレリュード

『1回だけ』『弾き直しナシ』と心に決めたら、集中度がアップした。

丁寧さも増した。

こんな練習の日もたまにはいいかもしれない。

実はこれ、歯の磨き方からヒントを得た。

私には、歯磨きルールがある。

それは、後戻りをせず1周するというもの。

「後からもう一度磨くから」という意識があると、丁寧に磨けないと教えてもらったことがある。

「2度とそこに戻らない」というルールを作って磨けば自ずとしっかり磨くようになる。

へえ、と思った。

そしてそれから実践しているのだ。

『一期一会』的な?笑

ピアノもそうあるべきだよね。

1回1回を大切に弾かなくちゃ。

ピアノだけじゃないか。

人生そのものも、そうだよなあ。

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako