ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

一体どこを見て弾いているのか?

今年は暗譜で弾ける曲を持つ!と目標を掲げ、日々精進している。

と言いたいところだが、なかなかそうもいかず半年が過ぎてしまった。

シューマン子供の情景の『見知らぬ国と人々』をレパートリーにしたいなあと思い、楽譜を前にすれば、まあまあ弾けるので、楽譜なしでチャレンジしてみた。

すると、一度つっかえて止まってしまうと、えーっとどうだっけ?ってさっぱりわからなくなってしまう。

鍵盤を見ればわかるか?っていうとそうでもない。

仕方なく、楽譜を置いてみると弾ける。

でも、チラッと手元を見たりした後は、楽譜に目線が戻っても迷子になったりもする。

一体普段私はどこを見てピアノを弾いているのだろう?

何回も弾いて指が(体が)覚えているだけなのかな?

とにかく、暗譜は別物なんだね。

それほど、「楽譜をガン見しなくても弾ける=暗譜できている」ということではないのだね。

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako