ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

このデジタルな時代に何故か文通をする。

私には友達が殆どいない。

本来、面倒くさがりの出不精で、徒党を組むのも嫌い。

ひとりでいることが好きなわがままな人間である。

幸か不幸か、家族関係が極めて良好なので、愚痴も相談も家で解決してしまうから、友人とは稀薄な関係になっちゃうねどうしても。

 

こんな私にも小学校時代6年間大親友がいた。

彼女は本当に馬の合う友達で、何をするのも一緒だったし、喧嘩もしたことがなかったと思う。

それなのに、地元の中学に進学した後、何故かすっかり疎遠になってしまった。

私には自覚はないんだけど、彼女は他の友だちに「sobakoちゃんは変わってしまった」ってもらしていたという。

大人になって、お互いの結婚式には呼び合ったりもしたけれど、なんとなくそれっきり、年賀状すら殆どやりとりがなくなっていた。

 

ところが平成31年元旦、彼女から突然年賀状が届いた。

「新しい時代が始まるので書いてみた」そうで、私もそれに「新しい時代とともに私たちの関係も変えよう!文通しよ!」と返信。

 

かくして、このデジタルな時代に文通が始まったのだった。

文通と言っても、令和元年は3往復くらい。笑

今年も昨日ようやく1通目が彼女から来た。(私は1月に年賀状兼誕生日おめでとう葉書を書いたよ)

でもね、なんかこのスタンスが良いんだよねえ。

今の時代、メールやLINEでサッと送って、サッと返してって、なんか忙しないよね。

読んだのか読んでないのかすぐわかっちゃうし、既読スルーなんかしようものなら関係悪くなっちゃうし?

まあ、私はメールもLINEも連絡手段以外には使わないけどね。

 

昨日、郵便受けを覗いて彼女の筆跡の封筒を見つけた時、すごくハッピーな気分になった。

手書きって良いよね。ホント。

今回はソッコーで返信してびっくりさせてやろうかな。笑

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako