ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

いよいよ夫も練習開始だ〜!

先日買った『らくらくピアノ』の楽譜を使って、いよいよ夫のピアノ練習が始まった!

 

piano.sobakosan.com

 

この楽譜、全くの初心者の夫に超ピッタリだった。

まず、鍵盤にドレミのシールを貼る。

f:id:sobakosan:20200519220006j:image

↑超初心者ピアノに変身!笑

そして楽譜には、指番号と音名が音符の下に書いてある。

f:id:sobakosan:20200519220231j:image

最初の曲はなんとベートーヴェンの第九!

でも、簡単!笑

夫は器用なので、少し練習したらまあまあ引けるようになったよ。

気を良くした夫は、

「おれ、レット・イット・ビーが弾きたいんだよねー。ちょっとやってみよ。」

と言って、無謀にも最終ページのその曲に挑んだ。

でも、すぐに撃沈。笑

リズムも複雑、指くぐりだってあるし、そりゃアナタいくらなんでもピアノ練習初日は無理でしょ!笑

「順番にいろいろ覚えられるようになっているわけだからさ、ひと通りやってからじゃね?」

と言ったら、

「おれもそう思った」

と苦笑いしていた。

その後も、なんだかんだピアノに向かっていた夫。

結構やる気を出していたので、嬉しい。

そのうち二人で簡単な曲の連弾ができるといいなあ。

 

そうそう、この楽譜の中に、ハッピーバースデーの楽譜があったの。

奇しくも昨日は息子の24歳の誕生日。

夕方、テレワークが終わって部屋から出てきた息子に、

「あなたのために一曲練習したので聞いて〜」

と言って演奏したら、思いがけず夫と息子の二人が拍手をしてくれた。

拍手がもらえるなんて、びっくりしたし、うれしくなっちゃった!

たった二人の拍手がこんなにうれしいなんてね、コンサート会場いっぱいのお客さんからもらう拍手って、どんなだろうね。

やっぱり、人に聴いてもらえるのは、幸せなことだなって思った。

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako