ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

姑から許可が出た!

同居している姑(80歳)が「昼間は遠慮せずにもっとピアノ弾いてもいいんだよ。あたしゃ昼寝なんてしないから。」って声をかけてくれた。

私が遠慮しながら弾いているのに気がついていたんだね。

もっと上手ければ良いんだけど、同じ小節の繰り返しを延々聴かせられたら、それはもう音楽ではなく騒音だよねって思うから、ちょっぴり遠慮してた。

なので姑からそう言ってもらえたのはとても嬉しい。

だからと言って、思う存分弾くというわけにもいかないけれど、多少気持ちがラクになったかな。

 

うちの姑はとても元気で、半年前まで仕事をしていた。

仕事を辞めてからも、お友達とランチや旅行に行ったりしてとても楽しくやっている。

ここのところはコロナウイルスのせいで外出できなくて「飽きたよ〜」ってブツブツ言ってるけど。笑

 

姑が元気なおかげで、私も自由に過ごせる。

介護なんてことになったら、それこそピアノどころじゃなくなるかもしれない。

姑が「100歳で、ピンピンコロリが目標だ」と言うので、「是非ともそれでお願いします」と返している。笑

 

 

 

© 2019 sobako