ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

こっそりアリアを始める

4月に引き続き、5月もピアノ教室に通うのを自粛している中、こっそり?ゴルトベルク変奏曲のアリアの練習を始めてみた。

『ゴルトベルク』の、というよりは、『アンナマグダレーナのためのクラヴィーア小曲集』に入っていた、しかも、原典譜ではなく奏法譜の方ね。

こちらの方がわかりやすいから、まずはココからやってみようかと。

 

でも、指使いが全く指定されていないので、まずは指使いを考える。

右手、左手、それぞれ、あーでもない、こーでもないとポロポロ弾きながら決め、楽譜に指番号を書き込む。

途中、この音は右手で弾くの?左手で弾くの?って迷う音があったけど、弾きやすい方で弾くことにした。(あら、いい加減?)

そういえば、シューマン子供の情景(見知らぬ国の人々)では、左右をすっかり間違えていたからなあ、大丈夫か?私。

こんな時、教室に通っていれば先生に質問できるんだけどね。

でも、アリアはこっそり始めることにしたので、先生には聞けないなあ。笑

 

まあ、お遊びなので、良しとしよう。

時々、クラッシックとはいえ、誰に聞かせるわけでもないから、自分の好きに弾いてもいいんじゃね?って思うことあるんだけど、邪道だって言われちゃうかな?

 

© 2019 sobako