ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

それでもMacを使う。

なんとか、在宅ワークを終わらせた。

PDFファイルをデータ化する作業だが検品の係がいて、いろいろ細かいところの修正をし、その旨の報告がきた。

トライアルの時もそうだったけど、「よし!」と思っても案外ダメ出しがある。

初めてだからね、これから徐々に慣れていきたいとは思うが、慣れるまで仕事を回してくれるかが問題だな。

 

いつも、在宅ワークの時は息子のWindows PCを拝借してやっているのだが、今回の仕事はWordPressを使った仕事だったので、次回からは自分のMacでできるように準備したいと思った。

前にも書いたけれど、私は普段MacBookを使っているので、Windowsにあまり慣れていない。ブラウザが Internet Explorer からEdgeに変わっていたことに気づかなかったし。(アイコンが似ているんだもん)

で、問題なのが、画像の処理。

Windowsには『ペイント』という簡単なお絵かきソフトが標準装備されていて、これくらいの機能で全く十分なのだが、Macにはそういうソフトが入っていない。

なので、いろいろ探してみたのだが、どれが良いのかわからない。

おまけに説明が英語のソフトも多くて訳わからない。

う〜〜〜〜〜〜っと唸って考えていたら、二つのソフトで作業が可能なことが判明した。(『ペイント』なら一つで済むのに!)

使うのは、Mac標準装備の『プレビュー』と新たにダウンロードした『Paintbrush』というソフト。

私のやりたい作業は、大きく以下の二つ。

①画像を切ったり貼ったりしたい

②画像を指定した大きさにしたい

『Paintbrush』で”縦横比を固定してサイズ変更”ができれば、このソフト一つで作業できるのに、どこを探してもその機能がない(と思われる。英語表記なのでもしかすると見落としてる?ああ、誰か教えて〜!)。

 

ま、とりあえず、これで次回は行ってみよう。

こんなに四苦八苦してもすぐに忘れてしまうので、手順をテキストエディタで保存して準備万端!

 

 

 

© 2019 sobako