ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

アリアを発見!

自宅練習となって早くもひと月近く経つ。

インヴェンション1番は結構弾けるようになってきた。

インヴェンション4番の、最初はコレ無理じゃね?と思った長〜いトリルも、右手はなんとか形になってきたし、左手のトリルはまだまだではあるけれど、ほんの少しずつ進歩が見られて楽しい。

でも、なかなか時間がかかるので、これはもう少し前段階の楽譜からやった方がいいのかなあ?と思い、『アンナ・マグダレーナのためのクラヴィーア小曲集』を購入。

パラパラめくるうち、アリアを発見した。

ん〜?これって、ゴルトベルクのアリアじゃね?とゴルトベルク変奏曲の楽譜を取り出して比べてみたら、まさしくそうだった!

ってことは、アリアはインヴェンション前でも弾けるってこと?

しかも、よく見たら、私の買った全音楽譜出版社のクラヴィーア小曲集には、”原典譜”と”奏法譜”が載っていた。

”奏法譜”というものを初めて知ったのだけど、あるんだねえ、こんな便利なものが!

”原典譜”のトリルの記号が全て音符に書き直してあるんだよ!

f:id:sobakosan:20200427123625j:plain

f:id:sobakosan:20200427123649j:plain

いつもなら、このトリルの記号はどうやって弾くのかな?と最初の方の説明ページで探して、確認して練習していて、でも、すぐに忘れちゃうんで、また次の時もえ〜っとこれはなんだっけ?みたいな、遅々として進まない。

だけど、この”奏法譜”ならそのまま弾けばいいんだもん、超便利。

試しに、このアリアを弾いてみたよ。

なんと、ゆ〜っくりなら、なんとなく弾けるぞ!びっくり!

なんだよぉ〜、最初からこうやって書いてくれればいいのに、バッハ父さんも意地悪だね。

でも、そういうことじゃないのかな?

以前にも、ピアノ教室でダブルシャープに初めて遭遇した時、最初から全音上げた音で書いてくれたらいいのに!と先生に言ったら、それでは調に合わないと笑われたことがあるけれど、トリル記号にも何かしらの事情があるのかな?

 

まあ、アリアをこの楽譜で発見できたことは、私にとってとても大きな収穫だ。

ひどく遠かったゴルトベルク変奏曲が、少〜し身近になってきて本当に嬉しい。

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako