ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

生チェロを初めて聴く。

先日、田村響さん(ピアノ)と宮田大さん(チェロ)の演奏会に行ってきた。

ベートーヴェン生誕250周年記念「ベートーヴェン:チェロ・ソナタ」全曲演奏会と銘打って2日間に分けて行われたのだけれど、1日目は1月にすでに終わっていて私が行けたのは2回目のみ。

田村響さんのピアノ目当てで行ったのだけれど、それ以上にチェロに感動してしまった!

チェロを生で聴くのは初めてだったのだけど、グランドピアノに負けない音量にまず驚いた。

もともとチェロの深い音が大好きで、バッハの無伴奏チェロ組曲藤原真理さん)のCDもよく聴いているが、やっぱり、生演奏の迫力たるや!

フォルテッシモの激しい音も、あんなに優しいピアニッシモの音も奏でられるんだもの、それに長〜い音も、短いスタッカートもね、自由自在で本当に素敵だった。

 

こんなふうに、アンサンブルできると、楽しいだろうなあ。

いつか、やってみたいと思ったよ。

 

そうそう、この演奏会に行くにあたって、予習をした音源のピアノがグレン・グールドだったので、演奏会のその曲の時、何だかどこかから彼の鼻歌が聞こえてきそうな気がしちゃった・笑

 

《プログラム》

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako