ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

『徹子の部屋』のゲスト清塚信也さんに学ぶ!

最近のテレビ番組はうるさいばかりで面白くないので、好きな番組だけ録画して見ているのだが、この徹子の部屋は見逃してしまっていた。

YouTubeでたまたま見つけて見ることができたので、良かった〜。

 

徹子の部屋』のテーマソングを、黒柳さんのリクエストに応じて、”雨の日の憂鬱バージョン”だとか、”ジャズ風”だとか、清塚さんが即興でアレンジして弾いて聴かせてくれたのだが、一番良かったのは、”ショパンバージョン”。

マズルカ風にアレンジされた徹子の部屋テーマソングは、まさしくショパン

こんな風に即興でアレンジする清塚さんの才能にも感嘆したけれど、一番私が感じたのは、清塚さんがとても楽しそうにピアノを弾いていたこと!

音を楽しむってこういうことだよなあって。

 

彼がこんなに自由にピアノを操れるのは、もちろん、文字通り血のにじむ努力をされてきたからであろう。

清塚さん曰く「ご近所の方は、こんな素敵なピアノ(練習)を毎日聴けるのだから幸せですね、って言われるけれど、ピアニストの練習はとても地味で”ドレ、ドレ、ドレ、・・・”とかの繰り返しですからね、一曲通して弾くことは滅多にありません。」

うわああ〜〜、耳がイタい!

すぐに通しで弾きたがる初心者の私は大反省。

やはり、地道な練習が必要なのだ。いや、わかっているが、すぐに外れてしまう。

まあ、同じ「ドレ、ドレ練習」でも、音を追求している清塚さんと指の動かない私のそれでは全く目的が違うので、もっと言えば、私なんかが通しで弾くなんて恐れ多いくらいに思わないと、だよね。

 

①音を楽しもう!

②部分練習をもっともっとすること!

この二つを再確認できた番組だった。

 


徹子の部屋 【ピアニスト・清塚信也】 2020年2月27日

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako