ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

好きこそものの上手なれ。

先回、初めてバッハの『インベンション1番』を弾いた時、先生が「やっぱり、sobakoさんはバッハが好きなのね。わかるわ。」って。

あいすみません。

バレてますかね?

いつまで経っても進捗しないショパンのワルツと違って、バッハへの意気込みが違うことが。

バッハを練習する時はとても楽しいんだよね。

上手く弾けているわけでは全くなくて、ヨタヨタ弾いているのだけれど、バッハはなぜか楽しいのだ。

しかし、『インベンション 1番』のあの短い中に、しかもショパンほど複雑そうに見えないあの楽譜の中にも、いろいろ譜読みポイントがあるのだねえ。驚きだ。

私のような素人は、単純に音しか読んでいないから、教えてもらわないとさっぱりわからない。

ノンレガートだけどスラーっぽい気持ちで?つなげないけどつながっているように?弾くことだって、先生に教えてもらってから、グールドさんのDVDを見ると、なるほど〜そうなっているわ〜、ってわかるし、自分がバッハを好きな理由?みたいなのも、そこにあるような気がする。

さすが奥が深いぞ、バッハ父さん!

ようやくバッハ沼の淵に立ったばかりだけれど、これはずぶずぶハマる予感が大である。

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako