ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

ピアノレッスン7回目。1ヶ月ぶりは間が空きすぎ。

前回、体調不良で休んでしまったので、1ヶ月ぶりのレッスンとなってしまった。

一週間では間が短すぎ、二週間にインターバルを空けてみてもあっという間にその日はやって来る。

今回不本意ながら1ヶ月の間が空いて臨んだレッスンだったが、さぞかし準備万端整うかと思いきや、ダメだった。

いや、家ではもうちょっとマシだとは思うのだが、やっぱり先生の前で弾くと普段の3割いや4割減となってしまう。泣

先生は優しいし、緊張しているつもりはないのだけれどなあ。

でも、考えてみると、集中できていないのかもしれない。

ピアノが違う、椅子が違う、楽譜の位置が普段と違う、音が違う、など物理的な違いもあるし、練習の成果を少しでも見せなきゃとか、ここは練習でなかなか思うようにならなかったところだとか、いろんなことが頭をよぎって、ピアノを弾くことに集中できていない気がする。

どうしたら集中できるのかな。

リラックスしつつ、集中できる術を教えて欲しい!

 

今回のレッスン

①HANON 音階 ニ長調 ロ短調

ひとつの音を鳴らすと、そのオクターブ違いの音も共鳴することを教えてもらう。

なので、両手でオクターブ離れた同じ音を弾く時、左手の音を少し強めに弾いた方がバランス良く聞こえるらしい。

ショパン ワルツ第3番

これはもう、本当、先生の前で壊滅状態。

でも、「おうちで、日々練習してください」ということで卒業?いや、永遠の課題?となった。

せっかく練習してきたし、一日一回は弾いてみよう。

忘れてしまうのはシャクだし、もう少し上手くなりたいし。

③バッハ インベンション 1番

片手ずつ弾いた後、両手で。

ノンレガートの弾き方を教わる。

滑らかだけど、つなげない?なかなか難しいね。

④モシュコフスキー スペイン舞曲 第3番イ長調

予習できた1ページ分だけ。

優しい曲だという印象を持っていたのだが、先生が弾くとなんだか元気でリズミカルな曲に聞こえる。

「舞曲ですから」と先生に教えられ、確かにね、先生が弾くと踊りの曲に聞こえるね。

同じ楽譜なのに、先生が弾くのと、私が弾くのじゃ違う曲みたいだ。

 

次回までの課題。

①HANON 音階 イ長調 嬰ヘ短調(シャープが一つまた増えて三つ!)

②バッハ インベンション 1番 (次にやるなら3番か4番なので、できれば徐々に譜読みを始めておく)

③モシュコフスキー スペイン舞曲 第3番イ長調 (2ページ目の4段目まで)

 

 

 

 

 

© 2019 sobako