ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

初場所が終わって寂しいけど、練習できるぞ!

西前頭十七枚目の徳勝龍の優勝!

大関を破っての優勝なので、文句なしの優勝だ。

優勝インタビューは笑いあり涙ありでとてもよかった。

 

これで大相撲初場所も終了。

いつも場所中は計画を立てておかないと、ピアノを練習する時間がなくなってしまうので大変なのだ。

仕事が休みの日は良いけれど、問題は仕事がある日。

出勤時間がまちまちであることや、姑の夕食の用意(18:00には食べたいと言われる)の関係で、うまく計画を立てないと、時間が取れなくなってしまうのだ。

加えて言えば、ピアノ部屋が姑の部屋の隣なので、18:00以降は練習を自粛しているし。

 

そうしているうちに、二週間はあっという間に過ぎて、明日はもうレッスン日。

ショパンのワルツ第3番は、超低速なら何とか最後まで弾けるようになってきた。

HANONの音階ト長調ホ短調も、早いテンポでなければね、なんとか。

しかし問題は、先生の前で引くと、3割減の実力となってしまうこと。

なんでかな〜。

いつまで経っても慣れないな〜。

 

© 2019 sobako