ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

弾けもしないのに、買ってしまう楽譜。

朝の目覚ましソングに、『シューベルトの楽興の時 第4番』をセットしている。

とても、軽快な最初の部分がとても好きで、気持ちよく目覚めることができる。

そして、一日中、頭の中をグルグル曲が流れるという事態になる。笑

 

ネットでこの曲の難易度を調べたら、やっぱり、『楽興の時』の中でも難易度が高いらしい。

そしてついに、楽譜を見てみたくなって、ポチってしまった。

 

楽譜を見て思ったのは、思ったより簡単そう?な印象。

単純って言うのかな?

ショパンの楽譜と比べると、素直な感じ?

ショパンの楽譜ってなんだかトリッキーな感じがするのは私だけだろうか。

 

見た目は単純そうでも、難易度が高いのってどう言うことだろう。

意外に弾きにくいのか、それとも表現力が必要なのか、初心者の私にはさっぱりわからないけど。

 

それでも、楽譜を見ただけで、わわわわ〜っコリャ無理無理〜ってなるよりは、いいか。笑

どっちみち、すぐには弾けないけどさ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako